日程:2022年2月19日(土) – 3月6日(日)

音楽家・OLAibi(オライビ) によるサウンド&フォトブック「聴こえない馬」のPOP UP EVENTを、2月19日(土) – 3月6日(日)の期間、CIBONE(表参道)にて開催します。

森に移り住み、年月をかけ森を観察し、音を録り続けるOLAibi。かねてより惹かれていた「泥」に入り過ごしたOLAibiの姿を、写真家・松原博子が捉えました。泥を身体に纏うOLAibi。そこにミロコマチコが描いた文様。本書では、松原が捉えたOLAibiの姿とともに、OLAibiにとっての自然から採取したホワイトノイズを「栽培」し、紡いだ音が新曲『聴こえない馬』として収録されています。

また、本イベントでは、OLAibiと親交の深いkittaとeriの二人の友人の協力のもと、OLAibi「聴こえない馬」を多角的に紹介します。

沖縄にアトリエを構え、「自然と人間を媒介する」というコンセプトを軸に、植物染色を用いて色とりどりの衣服やアートピース、インスタレーションの制作を行うkitta。CIBONEの店内にkittaによる柿渋で染めた美しい布で緩やかな境界をつくり、OLAibiのサウンドを体験できる部屋を配置します。

また、ヴィンテージショップ< DEPT >をはじめ数々のブランドを手がけるeri。ファッションの枠を超え、Instagramを媒体に、環境への思いや服作りの哲学、政治問題など、複眼的な視点で発信する彼女が、OLAibiとともに過ごした時間や感覚を集め、写真と手書きの言葉で綴る「#オライビの森」を会場の一角で展開します。
eriの視点から映し出されるOLAibi。作品の背景にあるOLAibiの人間性や思考などその魅力を一部ご紹介します。

Information
https://www.cibone.com/news_exhibition/6297/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。