●開催概要
タイトル : PLETHORA MAGAZINE EXHIBITION #9 – アートと人類学-
日 程 :12月7日 (土) , 8日 (日)
会 場 :恵比寿 amu (東京都渋谷区恵比寿西1-17-2)
http://www.a-m-u.jp/access/
時 間 :展覧会 12:00 – 17:00(入場無料)
     トークショー 12月7日 (土) 17:30-19:00 /12月8日 (日) 17:30-18:30
料 金 :入場無料(トークショーは 参加費1000円 *要申込)
申 込 :トークショーのみ事前申込制(定員 各回35名)
     *上記Peatix サイトよりお申し込みください。
主 催 :一般社団法人 Whole Universe
制 作 :REC TOKYO / TAPES
後 援 :デンマーク大使館
協 力 :PLETHORA MAGAZINE / House of Tobias Jacobsen

【TALK|Day1|アートと人類学から見えるもの】
12月7日 (土) 17:30-19:00
登壇:
・鶴岡真弓(芸術文明史家/多摩美術大学 芸術人類学研究所 所長)
・桜井祐(編集者/TISSUE Inc.)
・塚田有那(編集者・キュレーター/Whole Universe)
最新号9巻の特集テーマ「グランド・スペクタクル」にひも付き、 アートと人類学の
魅力に迫るトークショーを開催します。 多摩美術大学・芸術人類学研究所の所長を務める
鶴岡真弓さんは、日本のケルト文化研究の第一人者。ケルトを代表する渦巻文様などのイ
メージはどのようにして生まれたのか? その鍵を「循環的生命観」にみる鶴岡さんから、
古代文明と現代をアートの視点で読み解く奥深さをお聞きします。
▼▼申し込み▼▼
https://1207-plethora9.peatix.com/

【TALK|Day2|デンマーク取材班、世界最高峰の印刷所Narayana Press潜入報告】
12月8日(日)17:30-18:30
・坂本麻人(REC Tokyo/Whole Universe)
・森旭彦(ライター)
・塚田有那(編集者・キュレーター/Whole Universe)
プレソラ・マガジンがアートたる所以、世界最高峰の印刷技術を誇るNarayana Pressにア
ジア初潜入取材。Narayana Pressは1950年代にヒマラヤ奥地で誕生。その後デンマークの
奥地にコミュニティごと移転し、現在は完全な自給自足、自家発電インフラも備えた広大な
エリアを有し、最先端技術を搭載した印刷工房を営んでいます。この奇跡ともいえる聖地を
日本人が訪れたのは史上初めて。外部取材を受け入れるのは10年に一度と噂されるアート
印刷とコミューンの秘境における、超貴重なレポートもお届けします。
▼▼申し込み▼▼
https://1208-plethora9.peatix.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です